概要 規約 名簿 要望活動・決議 リンク集 アクセス
HOME > 要望活動・決議 > 全国市議会議長会社会文教委員会が要望活動を実施

要望活動・決議

○全国市議会議長会社会文教委員会が要望活動を実施 (平成24年11月28日)

 11月28日、全国市議会議長会社会文教委員会は、足立区議会から提出された要望について原案のとおり採択し、他の関連要望とともに厚生労働省に対し要望しました。

≪全国市議会議長会第93回評議員会部会提出決議≫

こころの健康を守り推進する基本法(仮称)の法制化を求める要望

 国民の「こころ」は深刻な状況にある。平成20年の精神疾患の患者数は、がん、糖尿病、脳卒中、心臓病をしのぐ約323万人に達し、現在も増加傾向が続いている。平成22年5月末、当事者、家族、医療・福祉の専門家及び学識経験者により設立された「こころの健康政策構想会議」は、厚生労働大臣に「こころの健康政策についての提言書」を提出した。この提言書の中で、精神医療改革、精神保健改革、家族支援を軸として、国民全てを対象とした、こころの健康についての総合的・長期的な政策を保障する「こころの健康を守り推進する基本法(仮称)」の制定を強く求めている。
 よって、国民のこころの健康の増進を図るため、「こころの健康を守り推進する基本法(仮称)」の早期制定を求める。

(足立区議会提出)

▲ページのトップへ

Copyright (C)2007 特別区議会議長会 All Rights Reserved
特別区議会議長会